アステラス製薬

アステラス製薬とは日本の製薬会社。
藤沢薬品工業は2005年4月1日に山之内製薬と合併して、始まりました。
古い山之内製薬主力商品から代わった泌尿器領域の製薬(ハルナール・ベシケア)古い藤沢薬品工業から、受け継いだ免疫抑制薬(専門のグラフ)を、装います。
最大の販売体制と両社の強さを使用人と融和させて、武田薬品工業株式会社(世界の第16の場所)、第一三共(株)(22位)、エーザイ(第23の場所)の4人の田舎の医療製造メーカー少佐のうちの1人である勉強形成をします。
2007の(2007)からコミュニケーション・スローガンです。
「明日変わります」を確立します。

1990年代から速まった海外製薬業界の大型合併演劇にとって、製薬業界の再編の必要は、日本の初期に要求されました。
青木初夫竹中登一大統領、山之内製薬の藤沢薬品工業の社長は、互いを会社が指向性のために手探りして、交渉を推進する間合併のメリットを描くことができたパートナーと認めました。
アメリカ合衆国の方へ市場を持った藤沢と藤沢に強さを持った山之内の組合せとヨーロッパで強かった山之内が上手だった構成医療に関しては、天産物、重要な点域と主力製薬製品からの革新的な薬剤開発は繰り返さないかもしれません。
そして、早く合併に最もふさわしい観察は作られました。