ノバルティス

ノバルティスという製薬会社もあります。
それは国際的な医療製造です。
そして、バイオテクノロジー会社が砦をスイス・バーゼルに置きます。
チバ‐ガイギー社とサンド社と呼ばれているスイスに拠点を置く2つの製薬会社の合併によって、それは1996年に確立されました。

調査のセクション、医薬関連品の展開部、生産とマーケティング部門の3つの支所から成ります。
そして、ノバルティスは主にドラッグストア、動物のための製薬製品、健康食品、コンタクトレンズで医療用医薬品と医療機器以外の売られる一般用医薬品を取り扱います。
会社名のノバルティスは、「新しい」(「ノヴァ」)ものの組合せと「芸術、テクニック」(「アーティス」)による造語です。

日本社を芯にしている会社ノバルティスが製薬製品事業社のノバルティス・ファルマ(ノバルティス・ファルマ(株))を含むと考えてリードされて、ノバルティスの日本の子会社は以下の通りに展開します。
両方の本社がそうである社は西麻布、港区、東京の西麻布三井ビルに位置しました。

医療ビジネスと1%同じ医療用医薬品で使われるフェニル酢酸のシステムの非ステロイド性の消炎性香油「ジクロフェナク・ナトリウム」を化合させた外側のための鎮痛の消炎剤。
「ボルタ任」の市民のための仕様。2009年4月にリリース。
同じ成分の製品、同期間の間の大正製薬からの「ジクロテクト」と呼ばれている商標名によって、処方は公表されました。
同仁医薬化工は、両方の製品(それは後で「ファーイTASS Z」を「イブ圏外」(エスエス製薬からの久光製薬)から自由にします。
しかし、これらの2つの製品は会社を生産します)を生産します。